みどりしょう ピーティーエー

緑小PTA

 緑丘小学校の、PTA活動を紹介します。

2018年度の活動
12月21日(金)
「イルミネーションコンサート」

第19回イルミネーションコンサートが緑丘小学校で行われました。

このコンサートには、池田ジュニア合唱団、渋谷中学校、渋谷高等学校、大阪教育大学附属高等学校、池田市五月丘小学校、秦野小学校、緑丘小学校の計7つの団体が出演しました。
市長をはじめ来賓の方々が多くお見えになりました。また、あのとってもチャーミングな「しぶたん」も駆けつけてくれましたよ!19回目を迎えるイルミネーションコンサートは、椅子が足りないくらい多くの来場者で賑わいました。

コンサートでは、弦楽器の見事なハーモニーや、子どもたちの透き通った歌声、金管楽器の奏でる迫力のある演奏に会場全体が引き込まれました。

緑丘小学校の演目は、「LET THE SPIRIT SOAR」、「Pulse of The Earth〜蒼い星の鼓動」。
トランペットなどの金管楽器が奏でるメロディと打楽器ティンパニの迫力ある重低音のリズムが見事な音の調和を見せてくれました。息を呑む演奏シーンが続き、広報委員の私たちも思わず取材を忘れるくらいに演奏に引き込まれました。

体育館の入り口前では、今年もまた地域の地区福祉委員会の皆さんから豚汁が振舞われました。小雨が降る寒い中、温かい豚汁をいただいて身も心も温まるイルミネーションコンサートでした。









12月1日(土)
「もちつき大会」

朝早くからたくさんの保護者、地域の方々がお手伝いに集まってくださいました。体育館に石臼が並べられ、蒸し器からは餅米を蒸す湯気が立ち上がりました。クラスごとに子どもたちがおもちつきに挑戦し、先生方の番では「ヨイショ」のかけ声が体育館に大きく響き渡りました。

日本のお正月を象徴するおもちつき。学校での体験を通じ伝統行事の良さを再発見できたのではないでしょうか。
早朝よりお手伝いくださいました地域の皆さま、保護者の皆さま、先生方、本当にありがとうございました。











10月24日(水)
「市民ボール大会」

10月24日、五月山体育館にて、市民ボール大会が行われました。
第1試合、粘り強いパス回しで相手のミスを誘い、さすがのチームワークでストレート勝ち。
第2試合も勢いに乗ってスタート。長く続くラリー、ひやっとするボールをナイスフォローで返すなど、応援にも熱が入るゲームでした。残念ながら、この試合で敗退となりましが、心から拍手と声援を送りたくなる、素晴らしい試合でした。

スポーツっていいな!
そう思わせて頂いた1日でした。
チームの皆様、ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。





9月16日(日)
「父親ソフトボール中央大会」

9月16日、第40回を節目としたソフトボール大会が、旧 池田北高校グランドで行われました。
学生が通っていた頃の面影が残る校舎の手前に広がったグランドでリーグ戦が始まりました。
第1試合は、池田中学校との戦い。試合前半に攻めまくって得点を重ね、9対4で緑丘小学校が勝ち進みました。
第2試合は、北豊島小学校との戦い。
北豊島小学校は第1試合の池田小学校との戦いでとてもキレのあるプレイを見せていたので、心配されましたが、2対2の同点から追い上げていき、8対2で緑丘小学校が勝利しました。
決勝戦は秦野小学校と戦うことになりました。
秦野小学校は毎年優勝している強豪チームです。
秦野チームは、作戦を立ててプレイしており王者の風格を感じましたが、互角に戦っていました。
4対1で敗れてしまいましたが、とても良い試合でした。
何よりも選手同士が声を掛け合って楽しそうにプレイしているのが印象的で、楽しく応援させてもらいました。
緑丘小学校、準優勝おめでとうございました。











8月26日(日)
「父親ソフト予選」

8月26日、呉服小学校にて平成30年度PTA父親ソフトボール大会が行われました。応援とかけ声が飛び交い、暑さに負けない盛り上がりを感じました。
第1試合は、15対0で快勝!
勢いに乗り、チームの雰囲気もさらに良くなり、和気あいあいとプレーする様子は、こちらまでもが楽しくなりました。第4試合では、ヒットを打たれ、ヒヤッとする場面もありましたが、緑小パワーで勝利!見事優勝を勝ち取りました。おめでとうございます!!











7月13日(金)
「9人制バレーボール大会」


7月13日(金)、池田市PTA9人制バレーボール大会が五月山体育館で行われました。

緑小は予選の試合で、第2試合が対北豊島中、第3試合が対石橋中。

第1試合目ということもあり、北豊島中との試合は、最初リズムがなかなかつかめず、苦戦。ラリーが続く一幕もあり、次第にペースをつかんできましたが惜しくも負けました。

気合を入れ直して迎えた第2試合目、石橋中との試合では、左サイドから華麗に迫力あるアタックが決まり、良い雰囲気を保ったまま、ネット越しの接戦が繰り広げられました。先ほどの試合でペースをつかんだこともあり、終始リードを守りきり、勝ちました。
これで1勝1敗でしたが、予選敗退。

残念ながら、決勝戦には進めませんでしたが、観覧席から声援が響き、試合が進むごとに見事なプレーを見せてくれた、緑小9人制バレーボールチームでした。



6月14日(木)
「ランチポケット」


6月14日(木)、池田市立学校給食センター(ランチポケット)で給食試食会が行われました。

試食前に、調理作業の様子とゴミ処理施設の見学を、参加者が多かったので、2班に分かれて交互に見学しました。

見学後、栄養士さんより、献立は1日の栄養の3分の1が摂取できるように、2か月前から何回も検討されていることや、10校ある小学校の子どもたちに、あたたかい食事を食べてもらえるように、配り方が考えられていることなど、一通りのお話をお聞きし、本日子どもたちが食べるものと同じ給食をいただきました。

ご夫婦での参加や、小さなお子様連れの方など、和気あいあいとした見学試食会でした。









6月4日(月)
「つぼみスクール」


6
4() ワコールから講師の方を2名招き、今年で4回目を迎える つぼみスクール(9歳から14歳の女の子の体型変化について)が開催されました。

まず5年生の女子児童を対象に、その後 集まった約30名の保護者向けに講演が行われました。

成長期の体型変化に伴い、そのステップ毎に応じた下着の正しい選び方や、必要性を教えて頂きました。

実際に下着を手に取り、大人用のものとの違いを確認し、見た目だけで選んではいけないということがよく解りました。

ご家庭でも子供と話し合う良い機会になりますので、次回実施の際は、より多くの保護者の方に参加して頂きたいと思います。







5月29日(火)
「交通安全 1年」


529()、曇り空の中、1年生を対象とした交通安全教室が開催されました。

池田警察署と池田交通安全協会の方に来ていただき、わかりやすいイラストや、パズルで標識を作るゲームなどを交え、交通安全のルールを学びました。

後半では、実際に模擬道路を歩き、標識や信号を守る大切さを体で感じ取ることができました。

ぜひご家庭でも交通安全ルールについて、もう一度話し合ってみてください。







5月19日(土)
「献血」

5月19日、土曜参観の日に併せて緑丘小学校の体育館横で献血が行われました。前日の雨から一転して天候にも恵まれ多くの保護者の方に献血にご協力いただきました。今回の活動を通じて多くの方々に献血に関心を持っていただくきっかけになれば幸いです。ご協力ありがとうございました。





5月16日(水)
「てんぷら油・使用済みインクカートリッジの回収」


緑丘小学校では、8月、3月を除く毎月第3水曜日の9:3011:30正門前にて、使用済み、使用期限切れなどで不要になった植物性食用油とインクカートリッジの回収が行われています。(雨天の場合は中止) 

この日は、12人が訪れて24.2gの油が回収されました。

集められた油はバイオディーゼル燃料(BDF:食物油を原料としたディーゼルエンジン用の燃料)に精製され、市内を走る阪急バスやゴミ収集車に使用されます。

また、回収時に発行されるエコミュージアムカードにポイントを集めると、サカエマチ商店街内のエコミュージアムにて、サカエマチ1番街のお買い物券が当たるガラガラ抽選に参加できます。

ぜひご活用ください。

 






2017年度の活動
  12月22日(土)
「イルミネーションコンサート」

12月22日(金)、緑丘小学校で第18回イルミネーションコンサートが行われました。

コンサートには、渋谷中学校区の小・中学校、渋谷高校、大阪教育大学附属高校、および、池田市を拠点に活動する池田ジュニア合唱団が出演しました。

緑丘小学校からは金管クラブが「ロマネスク」「天空の旅」を演奏し、「ロマネスク」では美しいハーモニー、「天空の旅」では雄壮なリズムを聴かせてくれました。

コンサートの最後には出演者全員で「翼をください」「花は咲く」を合同演奏し、会場に大きく響きわたりました。

年の瀬のせわしい時期ではありましたが、会場には児童・生徒の保護者だけでなく幅広く地域の方々が来られて立ち見も出るほどの大盛況。社会福祉協議会の方からは豚汁が振る舞われ、一段とパワーアップしたイルミネーションの中、心温まるひとときとなりました。
 







  12月2日(土)
「もちつき大会」

朝からとてもいいお天気の中、餅つき大会が開催されました。たくさんの保護者の方や地域の方がお手伝いにきてくださいました。
お父さんの力強いつき方をお手本に子供たちも順番についていき、自分たちでついたお餅に、きなこ、あんこ、しょうゆから各自好きなトッピングをして頂きました。先生方がつく時は、一段と大きな子供達の「よいしょ! よいしょ!」のかけ声が響き渡り、大変盛り上がっていました。

早朝よりお手伝いくださいました地域の皆さま、保護者の皆さま、先生方、お疲れ様でした。そして本当にありがとうございました。


 







 11月25日(土)
「渋谷カップ」
11
25日、第4回渋谷カップ(しぶたに学園三校合同ドッヂボール大会)が渋谷中学校体育館で行われました。

緑丘小からは、高学年2チーム(グリーンハリケーン、リトルグリーンモンスター)と低学年2チーム(グリーンアップル、グリーンピース)が出場。子どもたちは精一杯試合に臨み、応援する保護者も白熱した一日となりました。

予選総当たり戦を経て順位決定戦を行い、高学年チームはグリーンハリケーン7位、リトルグリーンモンスター8位、低学年チームグリーンピース5位、グリーンアップル6位となり、残念ながら結果はふるいませんでした。

しかしながら、誘導に従ってきちんと整列して試合を待つ姿、チーム全員で試合に臨み最後まで諦めない姿、負けて悔し泣きしながらも勝者を称えて拍手をする姿には、緑丘小の児童たちの良いところが十分に発揮されていました。

来年もたくさんの児童が参加してくれることを期待します。

 





  11月16日(木)
「がん講習会」

1116日(木)多目的室で『がんの早期発見・早期治療 出張講座』が開催されました。

 

▽第一部 産婦人科医師の田中あすか先生『がんのことを知らないのはもったいない!!!〜女性特有のがんを中心に〜』

 がんというのは、約二人に一人がかかる身近な病気であること、がんの予防には生活習慣に気を付けることとともに早期発見で治療するために、がん検診を受信することが大切ということでした。女性特有のがんについて、がん治療の時の緩和ケアについてなど興味深い話が続きました。

  

▽第二部では、看護師の池宮城賀恵子先生『乳がん自己触診法について〜まずは、触ってみることから始めましょう〜』

  図を示しながらのわかりやすい説明で、参加者も実際に触診用のモデルを触ってみて、しこりを探してみました。乳がん検診の受診だけでなく、月に一回の自己触診で異常のない状態を知っておくことが、がんの早期発見に繋がるということでした。

 

 一時間の講座は参加者からの質問にも答えていただき、充実した内容でした。忙しい毎日についつい自分のことを後回しにしがちですが、自分の身体について考えるきっかけになったのではないでしょうか。

 



 11月10日(金)

「ランチポケット」

1110()ランチポケット(池田市立学校給食センター)の見学・試食会が行われ、23名の保護者が参加しました。

センター長の山田さんから池田市の学校給食について説明をしていただき、給食は教育活動の一環であること、献立は約2か月前から検討を重ねられていること、センターでは衛生管理を徹底していることなどをお聞きしました。

ディスポーザー(生ごみ処理機)や調理場の見学をし、実際に子どもたちが食べているものと同じ給食を、給食と同じ食器で試食することができました。

 





 
 

 9月30日(土)
「運動会」

930日土曜日、第42回運動会が開かれました。晴天に恵まれ、青空の下、子どもたちのかけ声や歓声が響きわたりました。

 

 今年のPTA競技は、『24脚デカパン大玉リレー』。 赤、白それぞれのチームを半分に分け、半分は2人でデカパンを履いて走り、半分は大玉転がしをします。

  赤白どちらのチームも、子どもたちに負けない真剣な表情です。接戦の末、赤組の勝利でした。渋谷学園のゆるキャラしぶたん’ のかわいい走り、先生方の劇走もあり、応援の子どもたちも大いに盛り上がりました。

 
 9月23日
「父親ソフト」

9月23日父親ソフト中央大会が猪名川グラウンドにて行われました。

前回、渋谷校区の交流戦にて優勝し、第2試合からの出場でした。

 

対戦相手は秦野小学校、第一試合は135で勝ち進んできた強豪チームです。

 

ランナーは出るものの、お互いになかなか点の入らない接戦でしたが、3回の裏

秦野小学校に1点が入りました。

 

1時間という制約の中で、7回までのところ5回までとなり、観覧席からの応援にも熱が入りましたが、五回表、緑小チームの攻撃、2アウトから、フォアボール、デットボールが続き、ランナーは2塁 3塁まで出ましたが、残念ながら得点には結びつかず10という大変惜しい試合となりました。

試合には負けてしまいましたが、声を出し合い一生懸命プレーされているのが印象的でした。来年は優勝出来る様応援しています。

 



6月1日(木)

「ツボミスクール」

6月1日(木)ワコールから講師の方に来ていただき、校内でツボミスクール(女の子の体の成長を考える講習会)が実施されました。

まず5年生の女子児童向けに45分間、その後保護者向けに90分間の講演が行われました。
保護者向けの講演では、ワコール人間科学研究所のデータをもとに思春期の体型変化について学び、下着の選び方について実物を手に取りながら説明を受けました。

児童向けの講演での子どもたちの反応を織り交ぜながら、成長期の体の変化について子どもが不安に思いがちなことや、肌着はなぜ必要か、またどういう基準で選べばよいかなど、具体的な内容で大変参考になりました。
また、成長期のダイエットについてのお話もあり、健康にどう影響するのかが分かって、とても勉強になりました。

帰宅後に子どもと話し合うだけでなく、自分自身の体についても考える良いきっかけとなりました。次回実施の際は、より多くの方に参加していただきたいと思いました。


5月17日(水)

「てんぷら油・使用済みカートリッジの回収」

8月、3月を除く毎月第3水曜日 9:30〜11:30まで正門前で使用済みてんぷら油・カートリッジの回収が行われています。(雨天の場合は中止)

5/17(水)は48リットルの油、4個のカートリッジが回収されました。
集められた油はバイオディーゼル燃料(BDF:食物油を原料としたディーゼルエンジン用の燃料)に精製され軽油代替燃料として使用されます。

これまで捨てられていたてんぷら油を再利用することで、原油などの化石燃料の消費を減らすことができます。
  






5月11日(木)

「1年生 安全教室」

晴天のもと、新1年生を対象にした交通安全教室が開かれました。

入学式でした校長先生との約束の1つ、命を守るためのお勉強をしました。

池田警察署、池田交通安全協会の方に来ていただいてマジックなどをまじえながら信号・標識の意味、模擬道路を使って交通のルールを学びました。

ぜひご家庭でも交通ルールについてもう1度話し合ってみてください。










2016年度の活動
          
7月8日(金)

「池田市PTA9人制バレーボール大会」

7月8日(金)、市PTA9人制バレーボール大会が行われました。

試合(予選)は
第2試合がVS細郷学園、
第5試合がVS池田小。
どちらもストレートで勝ち準決勝へ進みました。

準決勝はVS五月丘小、こちらもストレートで勝ちいよいよ決勝戦へ。
昨年は準決勝で負けてしまい3位でしたが、今年は優勝をかけて決勝戦へ進むまでになりました。

選手たちも初の決勝戦に緊張を隠せません。
決勝戦はVS北豊島中、結果は負けてしまいましたが準優勝の盾を持ち帰る事が出来ました。
朝から決勝戦まで、観覧席に声援が響き選手たちも精一杯頑張ることが出来ました。

昨年は3位、今年は2位。

来年は優勝を期待しています。
  





6月1日(水)

「交通安全教室」

プレハブ撤去された運動場で、新1年生の交通安全教室が行われました。

校長先生より「自分の命は自分で守る」、「みんなの命はみんなで守る」約束をしました。
警察の方から、信号機や横断歩道などの交通安全ルールをクイズなどを通して楽しく学び、
見学に参加されていたお母様たちにもお手伝いいただき、模擬道路を使って実際に体験しました。

毎日の登下校で路上駐車・工事中など歩道が無いところでどうしなければいけないか子供たちは良くわかったようです。

最後に校長先生からひと言「登下校、走らないように」という注意もありました。

たった1つの大切な命です。
是非、ご家庭でも今一度交通ルールについて話し合ってみてください。
  





 5月27日(金)

「つぼみスクール」

5月27日(金)つぼみスクール行われました。

昨年度も大変好評で、今年は対象を拡大し、午前中には5・6年生女子、午後からは保護者向けの講演会をワコールの方にしていただきました。

女の子のからだの成長や下着の選び方などのお話に5・6年生女子たちも興味津々でこれから成長していく上でのいい勉強になったのではないでしょうか。

午後からの保護者たちも、ひと昔前の自分たちと比べ、進化している子供世代の体型の変化などを学び、正しい下着の選び方を再度見直す機会になったと思います。受講後のアンケートでは、「親子で話す機会を作りたい。」「ぜひ毎年実施して欲しい」など好評でした。今回は保護者の受講人数が25名ほどでしたが、とても良い講演会でしたので、もっとたくさんの方に参加していただきたいです。
  




5月18日(水)

「てんぷら油の回収」

5月18日(水)てんぷら油の回収が行われ、この日は43.5リットルの油が集まりました。

毎月第3水曜日の午前9時半〜11時半、正門前で回収を行っています。

ご家庭で不要になった使用済み植物性てんぷら油の回収をしています。集められた油はBDF(バイオディーゼル燃料)としてバスの燃料に生まれ変わります。

また、回収後エコカードが発行されエコポイントがもらえます。

エコポイントを貯めると、サカエマチ1番街で利用できる「お買い物券」が当たるガラガラ抽選(エコプラザにて)に参加できます。

エコポイントについては、こちらもご参照ください。

ご家庭でてんぷら油を処分する際には、ぜひこの活動を思い出してご協力いただけると幸いです。